1970年代中ごろ、私は一人の留学生として、アメリカの東部ニューイングランド地方ボストンに住んでいた。600年の歴史を持つ古い街である。もともと、オランダやスコットランドからの移民が多く住んでいて、瀟洒な建物が整然と並んでいる。行きかう人は当時のアメリカ人(※注)だったが、古びたレンガ、石造りの建物、道に連なるガス灯などを見る限りは、ヨーロッパの街そのものだ。
(※注)ベトナム戦争を終えたばかりの当時のアメリカは、不況のあおりで、市場の活気こそなかったが、街全体の雰囲気は長閑であった。
そんな環境の中で、私はしばしば「歴史の一人旅」をした。
地図を見ながらフォードのワゴン車「ピント」でドライブ。車の運転に飽きると、MBTA(地下鉄 兼 路面電車)やアムトラック(AMTRACK)、ときには徒歩で名所めぐりやニューイングランドの自然を楽しんだ。徒歩でいいのは、アメリカ独立の跡を追う「フリーダムトレイル」だ。ボストン・コモン(広場)のインフォメーションセンターで地図をもらい、白線をたどりながら、独立までの道のりを徒歩で追体験するのである。
個人的には、ボストン、プリマス、セイラム、ディアフィールド、コンコルドが好きだった。プリマスは、ピルグリムファーザーズ 1620年メイフラワー号で渡米し、居を定めた英国ピューリタン清教徒の地。北のセイラムはかつて、「魔女狩り」のあった場所である。1623年以来からの漁民の村落であったが、嵐で漂着したイギリス人(移住者)が定住して栄えていった、アメリカの歴史上重要な街でもある。そんな70年代のアメリカを懐かしむ中で、自分自身が直接経験・遭遇したいくつかの「不気味な出来事」を、お話ししていきたいと思います。