ミッドナイト
転居してから1ヶ月ほど経ったある土曜日の夕方、学生寮のルームメイトだったKと彼女のボーイフレンドSが突然訪ねてきた。
アラバマ(州)出身の二人は、高校時代に出会ったらしく、とても仲がいい。寮にいたときは、竜巻に遭って怖い思いをしたとか、Redneck(地元の人間以外は受け入れない米南部の白人労働者)から、迫害された体験談をよく聞かされた。
その夜は、当時大流行だったモノポリー・ゲームや他人の噂話を肴にピザとビールで秋の宴を楽しんだ。
しばらくして、Kが「ねぇタロットカードか※ウィジャボードをやろうよ」と言い出した。※西洋版コックリさん。「え~タロットカード?このあいだ、ジプシーに占ってもらったばかりじゃない」
「じゃウィジャボードは?」